新酒の香りは春の始まり

2012年3月16日

3月も中旬になりました。春はもうすぐそこに。 この時期は、新酒の香りが蔵いっぱいに広がります。

それは新酒が搾られタンクから瓶へと詰められる作業が3月・4月と続くから。今日はこの酒、明日はあの酒と新酒たちが瓶詰め順番待ちなのです。

蔵いっぱいに漂う新酒の香りを嗅ぐと、あ~春が近いんだなと実感します。お酒の弱い方はこの時期の来店は控えた方がいいかも。

匂いだけで酔っちゃうかも。

そして、瓶詰めされた新酒は春の訪れと共にお客様の元に届けられたり、トンネル貯蔵庫で保管・熟成させたり、いろいろな変化をしていくのです。

お酒って不思議というか神秘的!

  • 会社概要
  • 商品案内
  • トンネル地下貯蔵庫
  • 醸蒸多知修行
  • 蔵日記
  • 小売店(秋田県内)
  • 小売店(東日本)
  • 小売店(西日本)